七つの大罪※アーサー王とマーリンの関係は?

漫画『七つの大罪』は、七人の大罪人から組織されたリオネス王国の伝説の騎士団「七つの大罪」の戦いを描いた物語です。

この「七つの大罪」の団長・メリオダスは、十年前に聖騎士長殺しの濡れ衣を着せられ、他の団員も手配書が発布され、リオネス王国の聖騎士から追われることとなります。

アーサー(アーサー=ペンドラゴン)は、新興国キャメロットの国王です。突如出現した大岩に刺さっていた自分よりも大きな剣「エクスカリバー」を引き抜いたことから王座に就き、「七つの大罪」を英雄視して尊敬しています。

一方、マーリンは「七つの大罪」の一員で、通称「暴食の罪(ボア・シン)のマーリン」と呼ばれています。印となる獣は豚で、胸元が開いた非常に露出度の高い服をまとう、妖艶な容姿の美女です。

非常に高い魔力を持ち、様々な魔法具を開発しています。

七つの大罪 アーサー マーリン 関係http ://7tuno-taizai-ken.seesaa.netより引用

マーリンはリオネス王国の聖騎士から追われている際はキャメロットに身を寄せ、アーサー王の側近として傍(そば)に控えていました。

アーサーからは「友であり、師でもある」として信頼されており、マーリン自身もまたアーサーを大切に想っており、生き甲斐であり、かけがえのない存在であると思っています。

なので、アーサーとマーリンの間には異性的な関係はなく、王と従者、弟子と師匠というような関係しかなさそうです。

しかし、その関係をお互いに大切にしており、他の「七つの大罪」の団員と共に、戦いを繰り広げていくこととなります。

『七つの大罪』のアニメを見たい、漫画を読みたい方へ

■ アニメを見るなら…

U-NEXTでアニメを見たい方はこちら
 
■ 漫画を読むなら…

eBookJapanで漫画を読みたい方はこちら