ヴァンライヒノット※盾の勇者・尚文の数少ない理解者

盾の勇者として異世界へ召喚された岩谷尚文(いわたに なおふみ)は、冤罪で強姦魔の烙印を押されながらも、奴隷だった亜人の少女・ラフタリアや鳥型の魔物・フィーロと共に旅に出ます。

その旅を続ける中で出会ったのが、優男の貴族・ヴァンライヒノット(ヴァン=ライヒノット)です。

セーアエット領の元領主と同じく亜人穏健派の貴族で、彼の街には亜人も多く暮らしており、逃走中の尚文たちを匿う(かくまう)など、良識者だと思います。

ヴァンライヒノットhttps ://ameblo.jp/everytime-777より引用

しかし、ヴァンライヒノットは盾の勇者の尚文たちを匿ったため、逆に彼自身が連れ去られ、尚文たちをおびき出す人質に取られます。

ヴァンライヒノットは拷問を受けていましたが、尚文たちに救出されます。

その時、ラフタリアの幼なじみであったキールも救出されましたが、同じくラフタリアの幼なじみであったリファナは亡くなっており、骨だけとなっていました。

リファナは埋葬されますが、ラフタリアには大きな心の傷が残ります。

その後、尚文たちはヴァンライヒノットと別れますが、この世界の差別や奴隷にいきどおり
を感じながら旅を続けることとなります。

『盾の勇者の成り上がり』のアニメを見たい、漫画・ラノベを読みたい方へ

■ アニメを見るなら…

U-NEXTでアニメを見たい方はこちら
 
■ 漫画・ラノベを読むなら…

eBookJapanで漫画・ラノベを読みたい方はこちら