臨場の相関図※気になる人物を紹介

ドラマ『臨場』は上司に平気で盾突くが、死体の目利きにかけては他の追随を許さない敏腕検視官・倉石義男を主人公とした作品です。

この倉石義男を内野聖陽さんが演じています。

倉石義男は警視庁刑事部鑑識課 倉石班の班長であり、捜査一課の意見が自分の見立てと異なると「俺のとは、違うなあ」と言って意見を否定をします。そのため、捜査一課との仲はあまり良くありません。

その鑑識課と捜査一課を主に記した人物相関図が以下となります。

臨場 相関図http ://rinjou2010.seesaa.netより引用

この人物相関図の中で特に気になるのが3人です。

まず、京野ことみさんが演じる倉石義男の妻・倉石雪絵ですが、17年前に心の闇を抱えていた通り魔に射殺されてしまいました。ガーデニングが趣味で、亡くなった後も倉石義男が植物や花を育てています。

スポンサーリンク

ドラマ『臨場』ではほとんど登場しませんが、倉石義男の心の中に刻まれていると思います。倉石は『死者の人生を、根こそぎ拾ってやる』ことを信条としていますが、この奥さんへの思いがあるためではないかと思います。

次に、高嶋政伸さんが演じる捜査一課の管理官・立原真澄ですが、倉石義男とは捜査方針を巡って対立することが多いです。ただ、倉石義男とは同期であり、お互いの実力は認め合っています。

倉石雪絵の殺人事件が時効になってしまったことで、倉石義男に対して負い目を感じています。

あと、松下由樹さんが演じる検視補助官・小坂留美は、倉石義男に対して絶対的な信頼感を持っています。彼のような検視官を目指しており、そのためには鑑識の技術と共に、体力も必要と思っています。

小坂留美はダンベルなどで身体を鍛えています。

以上の人物相関図を頭に浮かべながら、ドラマを見るとより楽しめると思いますよ。

ドラマ『臨場』を見たい方へ

『臨場』を最初から見たい、見逃した回を見たいという方はU-NEXTを利用されるといいでしょう。

31日のお試し期間があるので、入会してもこの期間に解約すれば全くの無料です。また、サービスに気に入れば、13万本以上の動画があるので続けて楽しむのもいいと思いますよ。

『臨場』をU-NEXTで見たい方はこちら