肌のキメは毛穴で決まる

スポンサーリンク

肌のキメがなかなか整わないな・・・という時ありませんか?

そういう時の原因は、お肌の水分不足です。

肌のキメというのは、水分をしっかり含んでいて、ふっくらしたお肌になっている状態を「整っている」と言います。

わかりやすく言うと、手の甲の状態を見てみるとよくわかると思います。溝と溝の間が、きれいな三角に見える時は、お肌の状態として最高のコンディションになっています。

女性

確かに、赤ちゃんや子どもの肌って、そんな溝も毛穴も見当たらないくらいに、白磁器のようなお肌ですよね。

理想は、あの赤ちゃんのような毛穴知らずのマシュマロのお肌。

でも、大人になると開いた毛穴が目立ってしまって、そんなキメの整った肌なんて戻ってこないと諦めがちの方もいるでしょう。

でも、そう簡単に諦めてしまわずに、肌のキメのコンディションを整えるために、頑張ってみましょう!

肌

スポンサーリンク

大切なのは、兎にも角にも保湿が重要です。

肌のキメは、水分量が決め手ですから、化粧水での毎日のスキンケアが大切です。お風呂上がりや朝の洗顔のときには、必ず保湿はセットにしましょう。

肌は、水分量を含めば、ふっくらしてきますので、コットンに多めに化粧水を出して、優しく、だけど年齢×3を目標にパッティングをします。

肌がひんやりしたり、肌が化粧水を弾いて、もうこれ以上吸わないかな?というところが理想です。たっぷりを水分をお肌の角質層まで浸透させてあげてください。

そして、忘れてはいけないのが、その後乳液や保湿クリームなどの油分があるもので、化粧水が蒸発しないように蓋をしてあげることです。そうしないと、せっかくの化粧水が蒸発してしまいます。

洗顔後の化粧水は、肌のキメを整えるだけでなく、毛穴を引き締めるために重要なこと。

毛穴はお風呂上がりに、一番開いています。これを放置してしまうと、そこに脂や汚れが詰まってしまって、イチゴ鼻や毛穴の黒ずみの原因になってしまうのです。

お風呂上がりに一番はじめにすることは、急いで保湿。面倒とは思わずに頑張ることが、きれいなキメの整った肌と、毛穴を閉じる近道です。

あと、もし肌にいい化粧水をお探しなら、こちらが参考になると思いますよ。

肌荒れを改善していくには化粧水が大切