気になる赤みニキビを抑える方法

ニキビの赤みがあると、化粧のノリも悪く人に与える印象も気になりがちですね。

赤みが残っているということは、まだニキビ自体の炎症が治まっておらず、毛穴も詰まったままな証拠でもあり、その活発な働きを抑える必要があります。

悩む女性

ニキビの発生を抑えるための事前予防や乾燥を防ぐのには、洗顔のし過ぎは良くないというのはご存知だと思いますが、これは洗顔をしなくて良いという意味ではありません。

ニキビの赤みを抑えるには、肌を清潔な状態に保つ必要があるので、長い期間赤みが落ち着かないのであれば、洗顔方法を見直す必要があります。

また、化粧品や洗顔などの外的ケアだけではなく、生活環境の改善によってニキビの発生を抑えることができます。

寝不足解消や食生活の改善によっても、肌質が変わり結果として赤みを抑えた肌作りになります。

また、ビタミンCの有効的な活用もおすすめです。

女性http ://mery.jp/より引用

化粧品自体にもビタミンC誘導体など、その成分が含まれているものも多数販売されています。

また、食事やサプリなどとして摂取して、体内から吸収しニキビの発生を抑える効果も期待できます。

化粧水や美容液による保湿も効果的ですが、それでも痛みが続いたり症状が改善されなければ、皮膚科を受診した方が良いでしょう。