ニキビ跡の赤み対策はどうすればいい?

ニキビは治ったのに、なぜか赤みが消えないという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回はニキビ跡の赤み対策についてご紹介します。

女性

ニキビ跡の赤みはアクネ菌が炎症を起こすことで発症します。

そのため、赤みが発症している間は肌のバリア機能が正常に機能していないため、お家で行うターンオーバーを促すピーリングや専門機関で行うレーザー治療など肌に刺激を与える行為は避けましょう。

ただし、酸の力で不要な角質を剥がし肌の再生を促すケミカルピーリングなら肌を傷めることなく毛穴詰まりの原因となる古い角質のみ除去してくれるので安心にケアできるためおすすめです。

ケミカルピーリングはエステサロンなどで施術することが可能です。

エステ

このように実際にニキビ跡の赤みが発症してしまった場合には、食事や睡眠など日頃の生活習慣そしてストレスや紫外線対策、丁寧なスキンケアを行っていくことが大切になります。

スキンケアにはビタミンC誘導体やイオンが導入されているコスメが効果的といわれています。

赤みが発症した場合、肌に刺激を与えないことが最も大切な改善、対策法となります。

そしてニキビ跡の赤みを改善していくための対策として注意するべきポイントは

「洗顔が不十分にならないように皮脂汚れをしっかり落とす」、

「1日に何度も洗顔する」、

「洗浄力の強い洗顔料の使用する」、

「赤いニキビ跡をつぶしてしまう」、

「手で顔を触ってしまう」

などつい気になってやってしまいがちな点に注意することが対策していく上で大切なポイントです。

また、ニキビ跡にも効果的な炭酸ガスパックは血管に炭酸ガスを送り込むことで新陳代謝を促し細胞レベルからニキビ肌の改善を促していくという対策法も効果的です。