赤みニキビとニキビ跡の改善に大事なこと

スポンサーリンク

ニキビが出来てしまったら気になってくるのがニキビ跡。

綺麗に治って欲しいけれど赤みが出てしまったり、ニキビ跡になってしまうと後々までお肌にひびいてしまいますので、治し方にも気をつけなくてはならないのです。

まずはニキビ跡を作らない治し方はとにかく清潔にすること、洗顔はアクネ菌の除去成分を含んだものでしっかり泡立てて決してこすらずに優しくニキビ跡になりそうなところを洗ってあげます。

洗顔 女性

その後はハトムギなどのお肌に優しい成分を含んだ化粧水で保湿をしてあげるのですが、その際もコットンなどでこすっては絶対にダメ!

手でも十分保湿はできますしコットンを使う場合であってもそっと化粧水を触れさせるようにしてあげてください。

スポンサーリンク

赤みがある場合はきちんとケアをしないとニキビ跡になってしまいますので、ニキビ治療薬を付けると治りが早くなりますのでそちらも合わせて使用すると良いでしょう。

女性

赤みのある場合は極力触らないことと潰さないこと、潰してしまうとニキビ跡の原因になり綺麗に治すことができずにくすみとしていつまでも残ってしまうことがあります。

赤みのニキビは箇所の深追いはせずにしっかりと睡眠を取って自然に治るのを待ちましょう。

睡眠もニキビ跡を残さずに治す重要な治し方の一つですので、睡眠不足の際には生活を見直したっぷりと睡眠時間を確保し、赤みのニキビは自然と治癒していってください。

睡眠時間の確保が難しい場合はビタミン剤などのサプリメントを飲んで、肌の調子を整えつつ触らずに治るのを待ちましょう。