美白へ導く美顔方法

スポンサーリンク

毎年、夏場になると美白コスメなど「美白」をキャッチフレーズにしたコスメが誕生します。

夏は最も紫外線が強くなり、照射量も年間のなかでもっとも多い季節です。

紫外線の浴びすぎは肌ダメージやシミやしわの原因へと繫がりますので、注意が必要です。

女性

そして夏場のレジャー以外にも、自宅での洗濯物干しや家の窓越しからのUVも紫外線を知らず知らずのうちに浴びている可能性があります。

美白を保つためには第一は紫外線を浴びないことがとっても大切なポイントですよ。

今回は美しい美白を保つお顔の肌ケア方法についてご紹介します。

紫外線は前述でも取り上げたとおり、知らず知らずのうちに顔やボディなどに浴びている可能性もあるので、必ずどんなお天気の時でも季節に関係なくとくに顔には紫外線カットコスメを使用することが大切です。

スポンサーリンク

女性 肌

また、顔をはじめ身体に紫外線を浴びることで生成されるメラニン色素を残さない方法として肌の新陳代謝をあげ排出していくことがポイントです。

体温は36.5度を保ち、それ以下になると代謝が促されず内臓機能が低下し身体の中の老廃物や毒素が溜まってしまいます。

この体温を保持していく方法は日頃適切な運動を行い、代謝をあげる食べ物を摂取していくことが大切です。

主にはマグネシウムを含む食材ほうれん草や納豆、豆腐、またはたんぱく質などを摂取し運動と組み合わせることで効果をあげることができます。

また、コスメメーカとして人気のPOLAが開発した美白成分「ルシノール」は美白成分としての効果が高いことでも知られています。

ルシノールは美白成分としても有名なアルブチンの約400倍の効果があるといわれ、副作用がなく安心して使用できることもルシノールのメリットでもあります。

このように、美白を保つための美顔方法には何通りかの方法がありますがご自身に合ったやり方を取り入れて継続していきましょう。