美白化粧品の効果が感じられない??

スポンサーリンク

美白をうたう基礎化粧品は、多くのブランドで販売されていますが、イマイチ効果に疑問を感じたことってありませんか?

厚労省が「効果」を認定したものに与える「医薬部外品」の表示も、美白系化粧品の場合、ほとんどすべての商品に表示されていますよね。

それもそのはずで、ビタミンCが含まれていれば、比較的簡単に「医薬部外品」の認定を受けることができるのです。

女性

そのため、美白系化粧品の場合、医薬部外品の表示の有無で、商品の効果の高さを判断することはできません。目安となるのは、どのような美白成分がその化粧品に含まれているかということです。

スポンサーリンク

例えば、美白に強い効果があるビタミンCでも、そのままでは肌の奥に浸透せず、すぐに成分が壊れてしまいます。

そのため、浸透力の高い「ビタミンC誘導体」や、浸透力が高く壊れにくい「持続性ビタミンC誘導体」などの表記を参考に、効果を推し量ることができます。

女性

ただ、どのような美白成分が含まれているものでも、しっかりと肌になじませなければ、美白効果は薄れてしまいます。

化粧品を肌にのせるだけではなく、よく塗り込みキメの間の奥にまで届くように、シミのある部分に浸透させると、より高い効果を実感できるはずです。